学校って、そうだった?

学校 comments(0) - くら乃屋女将

12月ですね。

 

師走ですね。

でも先生は廊下を走ったりしませんよ。

 

だって、だって、だってね、

学校の廊下が激寒なんですの。

 

あんな寒い廊下を走ったら

頬が切れる。

耳が落ちる。

 

 

本日のメインテーマですからも一度申し上げますね。

 

 

学校の

 

 

廊下が

 

激 寒

 

なんですっ!

 

教室にはヒーターが入っておりますし

学生たちが入ればそれなりに温度は上がります。

 

職員室だってきっちり暖められていますから

ひざ掛けがいらないくらいです。

 

ですが、

そこを一歩出ると、

外より寒い廊下です。

 

よろしいですか、ここは遠野です。

 

その遠野の屋外より

学校の廊下が寒いんですっ!!

 

もう、なんですか、

がらりと戸をあけて一歩出ると

瞳孔が開くかと思う寒さです。

 

床が寒さで割れるのではないか、

もしく廊下の窓が化学変化を起こしているのではないか

と疑うほどです。

 

学校って、学校の校舎って

いのちの危険を感じる場所でしたか?

 

温暖化はどこへ行ったんでしょう。

 

12月でこの状態ですから

ああ…これからが思いやられる。。。

 

 

 

 

爺さん二名を横目に

ムチムチとしてきた黒ピー。

 

元気が一番。

キミらはあったかくしていておくれ。

 

 

 

真夏でもエアコンのない教室、

ドアを外して窓全開で

汗まみれの授業が一転。。。

 

学校って

ああ、なんて過酷な職場でせう。

 

 

 

←こんな時のための皮下脂肪

 

 

 

 

 

 

 

  • 0
    • Check
    無料ブログ作成サービス JUGEM