不朽の名作、ホントに不朽だったわ

学校 comments(0) - くら乃屋女将

確か読書感想を書く宿題の、課題図書だった気がします。

誰もが知るあの文学作品は

本当に不朽の名作だったんですねー。

 

勢いのある知事さんが新党を立ち上げると表明したら

野党第一党が合流したいって追いすがると

どいつもこいつも甘ったれんなーって

振り払われちゃって。。。

 

平成版「蜘蛛の糸」。

 

あの物語は

蜘蛛の糸が切れちゃう結末ですけれど

さてどうなりますやら。

 

さらには海の向こう、

情熱の国のある自治州が独立したいと雄叫びをあげて

混乱しているようです。

 

ワタシの教え子の故郷で、

彼もとても心を痛めています。

 

 

これからの世界を担う彼の目が

権力や暴力や諦観で曇りませんように。

 

婆は祈るしかございません。

 

 

 

学校の昼休みは4校時の後。

 

遠野に有之「みそぱん」は

3校時めには超絶腹減り高校生の命をつないでいます。

 

作り方もお味もとっても素朴で、

育ち盛りのベジタリアン高校生は

これを1日1パック平らげるそうです。

 

空腹を癒す一縷の望みのみそぱんの方が

余程しっかりとした一縷に見えますね。

 

 

永田町壊すにミサイル要らぬ。

新党一つあればよい。

 

 

 

←なんで選挙やねん、タコ助

 

 

 

 

 

 

  • 0
    • Check
    無料ブログ作成サービス JUGEM