Nativeじゃねぇがら

遠野の人 comments(0) - くら乃屋女将

行ってきました、新年会。

商工会女性部の集まりです。

 

地域活動でも宴でも

出席できる期間は限られていますから

勇んで出席させていただきました。

 

色々な分野のお商売をしておられる店の

メインオーナーだったり奥様だったり。

 

今時風に言えば、女子会ですな。

 

 

器もキラキラ〜♪

 

いずれ皆さま遠野市内で営業なさっていますから

ワタシなんぞはぺーぺー中のぺーぺー。

 

 

部長のご挨拶ではまたもや

芥川賞の遠野弁のことが話題になりました。

 

当然っちゃ当然ですが。

 

で、しかも余興では

あのタイトルを誰が一番上手に読めるか

を競うゲームがありまして

壇上に上がった数名の参加者に混じるペーペー。

 

遠野弁じゃん。

できっこないじゃん。

でも読みましたけどね。

 

いずれ甲乙つけがたい

という審査員長のお声で

皆さんから拍手をいただいて、ホッ。

 

そして語り部の重鎮の昔話を久しぶりに聞いて

やっぱり語り部さんの語りはいいなぁ〜と感激。

遠野弁が本当にしっくりくるんですよ〜。

 

しかも二次会では往年の名曲を

遠野弁バージョンで聞かせていただいたり

モー、楽しすぎました!

 

酔いの手伝いもありましたけど

片言の遠野弁を織り込んでお喋りしました。

 

ロンドンに行ったら

ヘタでも英語を話しますもんね。

 

遠野にいるんだから

遠野弁使っていいんですわよね。

 

濁点の位置が間違ってたら

まんずおもしゃげねぇっす。

 

 

←まだ読んでねぇのす

 

 

 

 

  • 0
    • Check
    無料ブログ作成サービス JUGEM