遠野に女子神楽あり

遠野の人 comments(0) - くら乃屋女将

さて、目のくまも取れたことですし

先日の観月会の様子をご紹介しますね。

 

遠野の商工会には女性部がありまして

独自の活動をしています。

 

遠野駅のベンチに

冬は長座布団、夏は畳座布団を敷いたり

遠野町屋のひな祭りを催したりしています。

 

で、時々勉強会やお楽しみ会的な催しもしていて

その一つが観月会。

 

お商売をなさっている女性たちですから

大体が家族経営。

ですからこの日はおとーちゃんから離れて

ちょっとおめかしして

オモイキシ女子バナするのが楽しみなのです。

 

 

遠野盆地の日は暮れて

 

 

 

準備万端

 

 

 

これは御供物ですが

後に市長も参戦しての

争奪じゃんけんゲームの賞品でもあります。

 

 

この日は

遠野が誇る伝統芸能を担う

女子神楽をお招きしました。

 

その昔には、

その家の長男にしか継がせなかった神楽舞ですが

少子化の波の大きさに抗えず

女子にもその門戸を開いたのです。

いえーーーい。

勇断に拍手〜♪

パチパチパチパチ!

 

 

 

まずは鳥舞

四方八方をお浄めします。

 

 

 

続いては、

お商売をしている会の女性たちのために

恵比寿舞〜♪

 

彼女たちの舞は

やはり女性ならではの柔らかさがあります。

 

そして何より

神楽愛があふれ出ていて

見る者にもそれが伝わります。

 

神様に捧げる舞が踊れることの

喜びが満ちている舞でした。

 

なんという眼福であるか。

 

 

この女子たち

間違いなく遠野の宝です。

 

 

←何度見ても感動

 

 

  • 0
    • Check
    無料ブログ作成サービス JUGEM