アリーナまでの道 3

思えば遠くへ来たもんだ comments(2) - くら乃屋女将

3万を超える座席は

ほぼ満席で

一時間前に会場に入って

席に着く前に

トイレの長蛇の列に並びました。

 

男性も女性も

長蛇の列です。

 

すごい人の数です。

 

座席に行くと

パイプ椅子。。。

 

一番お高い座席が

パイプ椅子。

 

そうね、どうせね

座りゃしませんよ。

良いんですよ、パイプで。

 

でもね、

一人分のスペースが狭い。

隣りと近い。

 

ま、いっか。

 

わーわーになって

一緒に波打てばいいんだから。

 

とかなんとか考えて

上着を椅子の下に突っ込んで

誰かがワタシの背中を

ツンツンと。。。

 

振り返るとなんと

件の彼女がっ!

 

会いに来てくれました。

 

開演前の忙しい合間に!

 

転げるように通路に出て

思わずハグーっ!!

 

定刻に始まるから

楽しんでね!

と。

 

ほんの数十秒の邂逅ながら

ワタシはどれほど

感激したでしょう!

 

 

そして

 

幕が

 

上がりました。

 

 

 

特等席でも

やっぱ遠いなー。

 

アダム様と目が合ったら

濃厚な投げキッスをすべく

ずいぶん練習したんですが

不発に終わりました。

 

あはは。

 

でも

派手な衣装も

ギーターソロも

熱いドラムも

たっぷりと堪能しました。

 

しかしワタシは

いや

ワタシでさえ

聴衆たちの

興奮度の低さに

気付きました。

 

ライブは

ステージと聴衆が

一体となって作り上げるもの。

 

この熱くならない聴衆が

舞台と少し乖離している

妙な空気感。。。

 

ああ、ここにいる多くの人は

フレディの面影を探しに

来ているのか。

 

 

だったら!

フィルムコンサートとか

そっくりさんショーに

行けばいいじゃないの!

と腹を立てそうになりましたが

もうそんなことに

気を逸らされちゃいかんと

ただ自分の世界に入って

ステージを楽しみました。

 

あの光線や

あの画像を作り上げる

多くのアーチストたち。

 

それらを完成させるのに

どれほどの時間と

手間をかけたことか。

 

この一瞬の

この刹那に消えてしまう

舞台の彩りの全てを

目に焼き付けようと

思いました。

 

自然と彼女の仕事に

思いが至って

 

ありがとう

 

の言葉が浮かんで

泣きそうになりました。

 

 

三ツ星のレストランの

お食事とて

パクっとひと口で

それまでの全ての

手間と労力が消えちゃいます。

 

ワインも

 

音楽も同じ。

 

珠玉の一瞬のためだけに

全霊を傾けられる人たちを

心から尊敬します。

 

 

 

 

アダム様のボーカルを聴くには

今の日本では

Queenのコンサートに

行くしかないのは

残念すぎる。

 

腰が曲がる前に

LAに行って

アダム様の

アダム様による

アダム様のための

ライブに行く夢が

できましたとさ。

 

 

←どんとはれ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 0
    • Check

    スポンサーサイト

    - - - スポンサードリンク
    • 0
      • Check
      コメント一覧

      レポと感想、読ませていただきました。
      読んだだけでなんだか胸アツです(笑)。
      名古屋公演に行った友人からも、興奮したレポとセトリが届きました。
      海外ミュージシャンの公演は写真撮影がOKの場合が多いから(日本ではごく一部か?)、
      と、ナゴヤドームの5階席からの写真を何枚か送ってくれました。
      にわかだったはずの彼女も、あの場であの限られた時間を過ごし、
      いまだに満足感と充実感でいっぱい状態が続いているようです(笑)。
      私も彼女も日本の某ミュージシャンの長年のファンで、
      ライブ回数も3桁に至っています。
      1回1回のライブは夢のような一瞬で終わってしまう時間なのですが、
      やはり毎回何ものにもかえがたい時間となってます。
      ぜひ、LA行きを夢で終わらせずに実現させてください。
      遠くから応援しています。

      • 葉菜さん
      • 2020/02/02 11:58 AM

      ♪コメントありがとうございます♪

      <葉菜さま>
      ライブが終わったら、
      独り呑みしようかと当初は思っていましたが、
      余韻が大きすぎて宿泊先に直帰しました。
      自分だけの大事な時間を、独り抱きしめました。
      実現してこその夢!がむばります!

      • くら乃屋女将さん
      • 2020/02/05 1:49 PM
      コメントする

       

      無料ブログ作成サービス JUGEM