Happy woman's day

- comments(3) - くら乃屋女将

今日は女性の生き方を

考える日だそうです。

 

ジェンダーギャップ指数をみると

昨年12月の発表では

日本は153か国中の

121位ですって。

 

G7の中では最下位。

 

121位ですもの。

G7なんかで括られたら

ひとたまりもなく

ビリでしょ。

 

 

権利を主張しますと

責任も生じますから

 

もたれて頼って

任せて生きるのは

楽ちんだもの

 

権利より

小難しいことを考えずに

のほほんと生きる方が

いいじゃーん♪

 

という方が多くても

 

まあ、

仕方がないのかな

と思わんでもなくもない。

 

 

ですがしかし

例えば

 

掃除をしない人が作った

 

バスルーム

洗面化粧台

トイレ

 

の清掃のしづらさを

ご存知でしょうか。

 

ええ、業務として

ワタシがやっている

ことでございます。

 

ほんとーにムカつきます。

 

こんなところに

窓いらん

 

こんな出っ張り

カビの温床

 

こんな収納棚

使えん

 

掃除する人の身になれば

無駄なデザインを

もっと省けるはずなのに

 

なんなの!

 

っていう形状が多すぎます。

 

ワタシの邪推では

 

掃除しない男が作った

 

もしくは

 

家事をしない男が

OKを出した

 

に違いないと

 

呪詛のことばを呟きながら

日々業務に励んでいるのです。

 

世の動きに関わる

主な業種でも

女性幹部が

1割にも満たない社会で

 

まともな企業活動が

できるとは

もはや思えぬ時代ですのにね。

 

 

新聞社も放送局も

 

国会議員も地方議員も

 

要職に女性がほぼいない。

 

幹部が集まる会議の

写真など見ますと

 

イスラム圏?

 

と見紛う光景です。

 

岩手県議会も

遠野市議会も

それはもうお寒い状況です。

 

寿退社が常識だった時代から

ワーキングワイフが常識化して

 

今やワーキングママも

当たり前ですが

 

お相手のパパたちが

進化しつつあるのに

 

その上司たち

その管理職たちが

自分らの常識で

今なお部下を

洗脳せんとしてるかと思うと

 

た ま ら な く

 

悔しいです。

 

 

もうね

有能な女性の皆さん

 

でくのぼーたちを

押しのけましょうよ。

 

 

当事者にしか

現場を変えることは

できませんのよ。

 

遠慮なんか

要りゃあしません。

 

ばんばん

昇進しちゃってください!

 

 

鼻息を鎮める

和み系写真

 

 

←なんでwomen'sじゃないの?

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 0
    • Check

    スポンサーサイト

    - - - スポンサードリンク
    • 0
      • Check
      コメント一覧

      ん? woman's あれ? 複数形じゃなかった?
      と思って確認してみましたら、

      International Women's Day が正しいもようです。

      もしやこの裏には、女将さんのぴりっとした皮肉とか暗喩とかが隠されていて、
      そーんなことはわかっているのよ、ひねりのないヒトねぇ、
      と思われちゃうかもしれないぞ、とドキドキしながら……送信っ!

      いずれにせよ、男性が家事を「手伝う」という概念をこの世から消したいものですねぇ。

      すいません、私も全く同じコメントをしようとしていました(womanではなくwomenでは…と)。細かい所が気になってしまうタチですいません(^_^;)

      私が住む街は幼稚園より保育園が多く、待機児童ゼロ。共稼ぎがデフォルトのようです。しかし確かに市議会議員なんか見ると男性ばかり。あの働いてるお母さん方はどこ行っちゃったのか〜? なんて思います。

      • 猫ムスメさん
      • 2020/03/09 2:11 PM

      ♪コメントありがとうございます♪

      <こてちさま>
      ですよねー。
      隠されたものなど一つもないのでした。うふ。
      番頭が「手伝うよ」とヤサシー言葉を言おうものなら
      猛り狂ったチワワのように吠えまくりますわよ。

      <猫ムスメさま>
      ママさんたちには
      もっともっと権利を主張していただきたいと
      思うのであります。
      お子さんがお子さんのうちに、育児にまつわる環境に
      文句を言わないと、当事者じゃなくなっちゃうんですもの。

      • くら乃屋女将さん
      • 2020/03/14 3:52 PM
      コメントする

       

      無料ブログ作成サービス JUGEM