危険な太陽

日常 comments(0) - くら乃屋女将
なんと、熱中症になりかけました。

これだけ毎日「気を付けてください」と連呼しているのに
どうして熱中症になっちゃう人が続出するのだろうと
首を傾げていたのはワタシです。

午前中、陽が高くならないうちにと
お借りしている畑の草取りを30分ほどしてから
ちょうど秋に花が咲くようにとキバナコスモスの種を
駐車場の脇に播いていたら、なんだか気持ちが悪くなって
アララ?と頭をもたげたら視界がぼんやりとして
くらくらするじゃありませんか。

やばい!と室内に入って首に巻いていたタオルを取ると
汗でぐっしょり、顔は火照ってまっかっか。
さらに、立っているのも辛いような気分の悪さ。。。

作業の前にちゃんと水分とったもんね、と
自分は準備万端だと思っていたので、ほんの小1時間で
これほど太陽にヤラレルとは思っていませんでした。

あ〜…かつての青春時代には
炎天下でテニスなどしておったというのに、
長じてからも真夏に船に乗ったりなどして
ぎらぎらの太陽の下、海原を渡っていたというのに、
この程度の暑さでやられるようになるとは、情けなや…。

リンゴ酢ジュースを飲んで、背もたれの倒れるイスで休んでいると
頼んでもいないのに一匹の猫が腹に乗る。。。
お腹は冷やしちゃいけないよってか。。。

払いのける気力もなく
そのまま1時間ほどぐったりしてました。

炎天下慣れしていない人は、30分以上お外にいちゃダメなんですね。

時まさに夏休み。
あちらこちらへお出掛けの皆さまも、お気をつけあそばせ〜!





このポーズで、お腹の上に乗るんです。
この、手を添えられる加減がちょうどよろしいようなんです。




 ← ワタシの腹はクッションかい






 
  • 0
    • Check

    スポンサーサイト

    - - - スポンサードリンク
    • 0
      • Check
      コメント一覧
      コメントする

       

      無料ブログ作成サービス JUGEM