映画鑑賞の日々

日常 comments(1) - くら乃屋女将

良質の映画を見ました。

 

どちらもほぼドキュメンタリーです。

 

一つはアルゼンチンタンゴ界に革命をもたらした

マリアとフアンの物語、「LAST TANGO」

 

80歳を超えてなおステップを踏むことができる

マリアってばスゴイ♪

 

フアンと結局はうまくいかず

生涯独身を通したマリアが自分を振り返って

「私には喝さいを浴びる価値があるって気づいたのよ」

と言うシーンは、この境地に至るまでの葛藤が

どれほど彼女を苦しめたかがうかがえました。

 

タンゴダンサーである前に女性でありたかったけれど

ついにはタンゴダンサーとしての誇りに支えられた彼女の

切なく痛々しいほどの美しさ。

 

オトナのための良い映画でした。

 

 

もう一つはバレエダンサーを目指している

3人の少年のドキュメンタリー、「Ballet Boys」

 

ノルウェーがあんなに

バレエが盛んな国とは知りませんでした。

 

バレエが好きな3人の少年を

14歳から追って高校生になるまで

楽しい場面や挫折する場面も正直に

脚色なく撮っていて

少年たちの本音と迷いが

ガラスのように繊細な映像で捉えられていました。

 

3人のうちの一人はやがて

英国ロイヤルバレエ団から入学試験の招待を受けます。

 

結果は…見てのお楽しみ♪

 

日本のテレビで

こんな番組があったらなぁと思っちゃいました。

 

もしかして、深夜のドキュメンタリーとかで

やっているのかしら?

 

寝てっから、わかんないー。

 

 

 

 

久しぶりの産直では、春色の花々が並んでいました。

 

目に嬉しい、春〜♪

 

 

野の花はまだだけれども

確実に近づいていますわよ♪

 

 

 

←時間ならたっぷり、ある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 0
    • Check

    スポンサーサイト

    - - - スポンサードリンク
    • 0
      • Check
      コメント一覧

      だいぶ昔の映画ですが、最近またブエナビスタソシアルクラブが観たいです。出てくる人出てくる人がかっこいいなーと思いました。

      • ねんねこ商会さん
      • 2017/04/10 6:03 PM
      コメントする

       

      無料ブログ作成サービス JUGEM