お元気で!

我思う comments(4) - くら乃屋女将

たまに東京に戻った折に

時間と資金があれば寄っていた美容院が

恵比寿にありました。

 

ええ、過去形です。

 

こちらの美容院のオーナー・スタイリストさんは

ワタシよりちょびっと年上の男性で

昔ながらとイマドキの技術を併せお持っておられ

安心してお任せできる方でした。

 

そもそもは

ワタシが日本語を教えていたアメリカの方(男性)の

髪型がとってもカッチョよくキマっていたので

どこでカットしているのか聞いたらば

その恵比寿の美容院だったのです。

 

挨拶もせず遠野に移住してしまい

気になっていたので

時間と資金があった時

カットしてもらいに行きました。

 

彼は

「都会生活を捨てて田舎暮らしした人って

僕にはあなたが初めてです。

そんなことする人って本当にいるんですね」

と、とても驚いていたのに、

昨年、彼は長野県の原村にお店ごと引越ししました。

 

 

この秋にまた東京に行ったとき

お店にも行こうかと思って検索したら

もう閉店していましてね、

残念でした。

 

 

このブログが

原村の方の目に留まるとも思えないのですが

一言、

いぃーーなぁーーーーー原村の方、

あのスタイリストさんに

髪を切ってもらえるなんてー!

 

恵比寿でも人気のお店だったんですよーー!!

 

風のとおる美容室、

きっと素敵なおお店になるんだろうなぁと

憧憬と羨望がごちゃ混ぜ混ぜ。

 

 

 

落ち着いた大人で

センスの良い方の

センスの良いお店は

きっと居心地がよいでしょうね♪

 

 

 

 

←長野まで髪を切りに行くか

 

 

 

 

 

 

 

  • 0
    • Check

    スポンサーサイト

    - - - スポンサードリンク
    • 0
      • Check
      コメント一覧

      たまに居酒屋レベルの元気な声でスタッフさんが次々に「いらっしゃいませー!」と声を掛けるお店がありますが、苦手です。

      あまり細かい事を言わなくても好みな感じどんぴしゃにしてくださる美容師さんが過去3人ほどいましたが、最近そういう方に出逢ってないなあ。

      またいつか「よくおわかりで、、」という美容師さんにめぐりあいたいものです。

      • ねんねこ商会さん
      • 2017/04/12 6:13 PM

      おやまあ。
      その美容師さんのお尻、女将さんがうっかり押しちゃったのかもしれませんね。
      原村は、薪ストーブ仲間が多くて、何となく親近感を覚えます。
      もう何十年も髪は自分で切ってるというガサツな人間ですが、
      もし行くことになったら、その「風のとおる美容室」を探してみようかしら。

       原村の隣むらに時々暮らしています。
      田舎暮らしに一つ踏み切れないのが、黙って座っていれば髪を切ってくれる人がいない・・・今度行ってみたい気になりました。時間はありますが、資力もないとだめですかね?

      • ゴンちゃんさん
      • 2017/04/14 5:58 PM

      ♪コメントありがとうございます♪

      <ねんねこ商会さま>
      3人もいらしたんですか!それは奇跡じゃないですか!?
      美容師さんも同じくらいの年代の方がよくて、
      なかなか見つけられません。

      <ニャンタのおばさま>
      えええええええええ!
      あの髪型、ご自分で切っていらっしゃる!
      薪割の腕前と同じくらい凄いです!
      まだ開店前のようですから、オープンしたら是非。

      <ゴンちゃんさま>
      恵比寿レートをそのまま原村に適用するとは
      ちょっと考えにくいですから
      多分それほどではないように思います。
      開店はもうちょっと先のようで、
      オープンしたらまた記事にするつもりですので
      どうぞよろしくお願いします。

      • くら乃屋女将さん
      • 2017/04/15 1:45 PM
      コメントする

       

      無料ブログ作成サービス JUGEM