全国二位

学校 comments(2) - くら乃屋女将

最優秀賞は逃したものの、全国二位の快挙です。

 

次点の優秀賞は5名。

そのうちの一人という栄誉です。

 

 

その次は優良賞、10名。

さらに入選が104名。

 

日本各地より応募された中からの受賞です。

 

すごいわー。

えらいわー。

 

英語が母語ではないことに

何ら変わりはありませんからね。

 

副賞の品が届いた時、先生方と

手のひらサイズの、ちょっと重い、固い箱の中身を

メダルかな、盾かな、いや紅白まんじゅうかも

などと推測していたんですけれども

中身は何と、銀色のリンゴ模様の機器でした。

主催者様、ナメてごめんなさい。

 

さすが、全国二位。

 

 

実は彼には年明けに

日本語の大会に臨んでもらうことになっておりまして

担当としてはややプレッシャーです。

 

優秀な学生ですので

周囲の期待がなのです。

 

いいのいいの、楽しんでくれたら

それでいいの。

 

 

←副賞がコメなら…

 

 

 

 

  • 0
    • Check

    スポンサーサイト

    - - - スポンサードリンク
    • 0
      • Check
      コメント一覧

      おおー、スバラシイっ!
      おめでとうございます!
      それは英語が優秀ということ(だけ)ではなく、
      書かれた内容がすばらしいということなわけで、
      そのすばらしい内容を文章にする力があるということなわけで、
      それはそれはつまり、書くべき内容と文才があるということです。
      ですから日本語コンテストもきっといい線を狙えると思います。

      女将さん先生、プレッシャー、追加しときますね。
      どすっ!

      ♪コメントありがとうございます♪

      <ニャンタのおばさま>
      …ごふっ!(プレッシャーが腹に…)

      • くら乃屋女将さん
      • 2017/12/27 12:53 PM
      コメントする

       

      無料ブログ作成サービス JUGEM