終わった…?

日常 comments(2) - くら乃屋女将

8月はどんよりの天気が続いて、稲の作柄も心配されていました。

 

一転、下旬に入ると暑さが戻ったと思ったら、

…あのですね、寒いんです、今。

 

あつあつあつあつあつ、さむっ。

 

さわやかな秋はどうしたの。

 

どこに行ったの。

 

まだ向日葵が咲いているのに、なぜ桜の葉が落ちるの。

 

お盆過ぎてからの満室続きもひと段落して

一息つきながら空を見上げたら、まあ、

すっかり秋空。

 

 

プールの授業もなくなって

期末試験が近づいて

夏が

 

夏が

 

終わったよぅ。。。

 

サンダル、一回しか履かなかった。

スイカは二回食べたかな。。

 

拙宅の茗荷はついに出ずじまい。。。

 

 

 

 

駆け足で過ぎ去ろうとする季節に

おばちゃんは追いすがりたい。

 

もちょっと、余韻がほしいわよ。

 

 

 

 

←蝉しぐれも無かったぞ

 

 

 

 

 

Jアラート

我思う comments(0) - くら乃屋女将

全国に流れたんですか?

Jアラート。

 

クロコのご飯を回収しに勝手口から出たときに

「ミサイルが発射されました」と聞こえてきて

ナントカに刃物じゃな、、、と思いましたですよ。

 

テレビをつけると各局が同じ画面になってまして

放送と同じ内容の文字が並んでいました。

ワタシは、ミサイルが発射されてから着弾するまでの

所要時間を知りたかったのですが

そういった情報はなかったですね。

 

日本の国土に着弾が予想されているのか

そうではなく上空を通過する見込みだけなのか

あのアラートの情報では

不安を駆り立てるにとどまりますよね。

 

津波の時はどうでしたでしょう。

 

3メートルくらいの津波予想に

避難行動をとる人が少なかったと言われています。

だからといって、予想される津波の規模を伝えないというのは

正しくないんじゃないかと思うのです。

 

伝えられることは漏らさず伝え、

伝えられたことだけを頼りにしてはいけない、

というのが教訓だったのではなかったでしょうか。

 

 

それにしても困った坊ちゃんですな。

 

なんだかねぇ。。。

もう、相手にするのやめちゃえばいいのにって

思ったりもしたりして。

 

 

ミサイルぶっ放しても知らん顔〜。

勝手にやっとれ〜。

 

 

 

グズリン坊は放っときなはれ〜。

 

 

 

で、刺身は?

 

 

 

←遠野に地下施設は、無い!

 

 

 

 

新市庁舎

我思う comments(0) - くら乃屋女将

東日本大震災で遠野市内で

最も深刻に被害を受けたのは市庁舎でした。

 

仮の庁舎をショッピングセンターの2階に移して

しばらくは運営されておりましたが

この度、新市庁舎が完成にこぎつけました。

 

 

 

私達が移住してから7年余、

その間人口は30,000から28,000へ。

 

さらには、衰退する産業、困窮する農業、減少する観光客、

で、

新市庁舎。。。

 

 

この秋に行われる市長選は

久しぶりに現職vs新人の選挙となります。

 

やっとこさ、の選挙です。

今まで無投票当選だったんですよ。

そんなの、負託されたことにならないのに、

対立候補がないだけで

市民の意向で当選したことになってました。

 

やーっとこさ、

市民が意向を示すことができます。

 

現職、新人、どっちでもいいんです。

市民が選ぶ、市民が投票するという行為が大事です。

 

田舎地方、

「オメ、どっち派だ」なんて

二手に分かれて対立しようとしがちですけれども

カンケーないですから。

 

選ばれた人の下で市政を支える、

そのことに変わりなないのですから

無駄に対立して

若い人の顰蹙を買わないようにしていただきたいですね。

 

そんな態度が

若人を市外に向かわせるんですよ。

 

 

この街には希望がある。

そう感じてもらえる市政を望んでいます。

 

選挙があまりに身近のことになったので

ウグイス嬢やってみたい〜♪

なんて思ったのですが、

ザンネン。

自分、準公務員でした。

 

(大きな声で)

ちぇ〜っ!

 

 

←見守り専門。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バルセロナに祈る

我思う comments(0) - くら乃屋女将

ワタシが日本語を教えているのは

イタリア人を母に、スペイン人を父に持つ子で

この夏休みにはスペインはバルセロナに一時帰国していました。

 

バルセロナはカタルーニャ州にあり

そこで使われている言語はカタルーニャ語で

スペイン語とは全然違うのだと

当該生徒に教えられました。

 

中心部でショッピングしていた時突然

沢山の人が走って逃げるところに遭遇し

次々と店はシャッターを閉め

緊迫した状態だったそうです。

 

ともあれ、彼も

彼の妹たちもお母さんも無事だと分かり

ホッとしました。

 

でも多くの方が命を落とされました。

 

大通りでもガードレールのない都市は

欧州には多いですね。

 

日本のあの鉄製のガードレールは醜いと

外国の方からの批判が多いと聞いたことがありますが

こんなことを例に自慢したくありません。

 

欧州のあちこちの都市で頻発するテロ事件に

慣れてしまうのは恐ろしいことです。

 

 

 

バルセロナ市民の皆様のために

心から祈りたいと存じます。

 

 

 

 

 

夜中に二度三度と起こしに来る老猫。

 

キミはいつでも睡眠補給できてよいね。

 

 

祈ってると寝ちゃうのはキミのせいなのだが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

気をつけてお帰りくださいまし

旅人 comments(2) - くら乃屋女将

宮城、 山形、 新潟、 札幌、

足立、 世田谷、 八王子、 甲府、

静岡、 京都、 神戸、 愛媛

 

 

この時期、市内にあふれた県外ナンバーの車たち。

 

どこのスーパーもお客さんが激増、レジに列ができました(滅多にないことなんです)!

総菜コーナーには大きなお皿にてんこ盛りのチキンセットやらオードブルセット。

 

 

離れていた家族が集う季節。

 

 

レジに並ぶ見知らぬ顔、垢抜けた服装の人たち。

カゴにはバーベキュー用の紙皿や紙コップ、大量の割りばし。

 

 

お盆は、悲しいお別れを思い出しますから

大輪の花火を見ても、どうしてももの悲しい気分になりがちでしたが

その悲しさを分け合った人たちが集まって

ワイワイと食卓を囲む時でもあるので

ちょっとした嬉しさもありますね。

 

 

遠野のお盆はとても肌寒い日々でした。

 

 

 

そしてがらんとした道路やお店が戻ってきました。

皆さま、どうぞ道中お気をつけてくださいませね。

 

ふう…と見渡せば

岩手ナンバーばっかしだわ。

 

 

でも、

 

きっと、

 

また、

 

会えますね♪

 

 

長そでのシャツを羽織って

やけにどんよりとした空を眺めて

秋のような八月を見送ろうとしています。

 

 

毎年、帰省の度にくら乃屋をご利用くださるご家族様も

ありがたいことに多くなりました。

 

少女が女子になり

赤ちゃんはお子様になっていました。

 

 

年を取るのも悪くない、

そう思わせてくださる皆さまです。

 

 

 

 

 

夏毛なんだから、困るよねー。

 

 

脱毛してスリム化した姿が寒々しい。。。

 

 

 

そしてなんともうすぐ新学期!

 

夏はどこに行ったやら。。。

 

 

 

←海水浴は、ほぼ修業

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

涼しーの

番外 comments(4) - くら乃屋女将

 

 

盆ジョルノ!

 

 

 

思いついたギャグを言いたいがために

それだけのために更新してゴメンなさい。

 

 

←いそがちーですよ

  • 0
    • Check
    無料ブログ作成サービス JUGEM