お元気で!

我思う comments(4) - くら乃屋女将

たまに東京に戻った折に

時間と資金があれば寄っていた美容院が

恵比寿にありました。

 

ええ、過去形です。

 

こちらの美容院のオーナー・スタイリストさんは

ワタシよりちょびっと年上の男性で

昔ながらとイマドキの技術を併せお持っておられ

安心してお任せできる方でした。

 

そもそもは

ワタシが日本語を教えていたアメリカの方(男性)の

髪型がとってもカッチョよくキマっていたので

どこでカットしているのか聞いたらば

その恵比寿の美容院だったのです。

 

挨拶もせず遠野に移住してしまい

気になっていたので

時間と資金があった時

カットしてもらいに行きました。

 

彼は

「都会生活を捨てて田舎暮らしした人って

僕にはあなたが初めてです。

そんなことする人って本当にいるんですね」

と、とても驚いていたのに、

昨年、彼は長野県の原村にお店ごと引越ししました。

 

 

この秋にまた東京に行ったとき

お店にも行こうかと思って検索したら

もう閉店していましてね、

残念でした。

 

 

このブログが

原村の方の目に留まるとも思えないのですが

一言、

いぃーーなぁーーーーー原村の方、

あのスタイリストさんに

髪を切ってもらえるなんてー!

 

恵比寿でも人気のお店だったんですよーー!!

 

風のとおる美容室、

きっと素敵なおお店になるんだろうなぁと

憧憬と羨望がごちゃ混ぜ混ぜ。

 

 

 

落ち着いた大人で

センスの良い方の

センスの良いお店は

きっと居心地がよいでしょうね♪

 

 

 

 

←長野まで髪を切りに行くか

 

 

 

 

 

 

 

映画鑑賞の日々

日常 comments(1) - くら乃屋女将

良質の映画を見ました。

 

どちらもほぼドキュメンタリーです。

 

一つはアルゼンチンタンゴ界に革命をもたらした

マリアとフアンの物語、「LAST TANGO」

 

80歳を超えてなおステップを踏むことができる

マリアってばスゴイ♪

 

フアンと結局はうまくいかず

生涯独身を通したマリアが自分を振り返って

「私には喝さいを浴びる価値があるって気づいたのよ」

と言うシーンは、この境地に至るまでの葛藤が

どれほど彼女を苦しめたかがうかがえました。

 

タンゴダンサーである前に女性でありたかったけれど

ついにはタンゴダンサーとしての誇りに支えられた彼女の

切なく痛々しいほどの美しさ。

 

オトナのための良い映画でした。

 

 

もう一つはバレエダンサーを目指している

3人の少年のドキュメンタリー、「Ballet Boys」

 

ノルウェーがあんなに

バレエが盛んな国とは知りませんでした。

 

バレエが好きな3人の少年を

14歳から追って高校生になるまで

楽しい場面や挫折する場面も正直に

脚色なく撮っていて

少年たちの本音と迷いが

ガラスのように繊細な映像で捉えられていました。

 

3人のうちの一人はやがて

英国ロイヤルバレエ団から入学試験の招待を受けます。

 

結果は…見てのお楽しみ♪

 

日本のテレビで

こんな番組があったらなぁと思っちゃいました。

 

もしかして、深夜のドキュメンタリーとかで

やっているのかしら?

 

寝てっから、わかんないー。

 

 

 

 

久しぶりの産直では、春色の花々が並んでいました。

 

目に嬉しい、春〜♪

 

 

野の花はまだだけれども

確実に近づいていますわよ♪

 

 

 

←時間ならたっぷり、ある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ああ、勘違い

日常 comments(0) - くら乃屋女将

天気予報で、

花粉の飛散量は非常に多いです、

となっていたこの数日、

全然くしゃみも鼻水も出ないので

花粉症が治ったんじゃないかと

ちょっと小躍りしておりました。

 

やっぱり田舎暮らしって

体の中身も浄化してくれるんだわ♪

 

とルンルンしていたのは昨日まで。

 

今日から

目がごっつ痒い

鼻がちぎれるほどのくしゃみ

そして

水っ洟。

 

 

あー、そーだよねー、

そーかんたんに治るは、ないよねー。

 

 

目頭に歯ブラシ当ててゴシゴシしたいよう。

 

遠野弁でね、

鼻に詰め物するのを

きっぱみ

って言うんですよ。

 

右も左もきっぱみしたいんですが、

すると口呼吸になってよろしくないですね。

 

 

 

お客様に頂いたクッキーなど食べながら

テレビをぼぉーっとみていたんですが

あの、

星条旗の国のミサイルが飛んだらしいですが

あれって、

法的根拠ってあるんですか?

 

ないんですか?

 

けしからんからミサイル打ち込んでやった

ってことですか?

 

そんなことってできるんですか?

 

 

鼻づまりだから

よくわかんない。。。

 

 

 

←打ち放題?

 

 

 

 

偉人に思う

岩手の色々 comments(0) - くら乃屋女将

赤い靴はいていた女の子は

いい爺さんに連れられて行ったと思っていたのは、

アナタですか?

 

いい爺さんではなく

異人さんだと気づいたとき

どうりで悲しそうな歌だなと思われたことでしょう。

 

異人さんって、もう死語ですね。

 

花巻には偉人さんの記念館があります。

「花巻新渡戸記念館」です。

 

 

なぜ稲造と名前がつかないかと言いますと

稲造さんは盛岡生まれでして

お父さんとかお祖父さんとか

そのご先祖一族が花巻と縁があるってことなのです。

 

てへへ〜ですね。

 

記念館に行ってみました。

 

 

 

 

展示品は偉人の偉大さの縁を辿っていて

そのお人柄までは伝わりませんでした。

 

ひとつ、ご朋友の揮毫した書が

もしかしたら豪放な方だったのかな

と思わせてくれました。

 

 

その才気に依って求めらるるまま

アメリカにドイツに台湾に赴任した新渡戸氏は

一体何を目指していたんだろう。

 

 

どんな希望を持っていたんだろう。

どんな国にしたかったんだろう。

 

ああ、ワタシってこんな偉人のこと

全く何にも知らないでいたんですね。

 

お恥ずかしい。

 

 

 

←また本が増える

 

 

 

共存共生

我思う comments(0) - くら乃屋女将

時間を持て余すのでDVDなど借りて観賞。

 

もんのすんごくつまらなかったのが

K野Tけし監督のおじいちゃんヤ*ザの物語。

時間の浪費の究極ですた。

 

その次に新作「シン・ゴジラ」を観賞。

なかなか良い出来でしたよ。

 

クライマックスに

ワタシはゴジラがかわいそうに思えちゃって

ちょっと悲しかったです。

 

ゴジラさんが北品川の辺りで大暴れして

ワタシのソウル電車、京浜急行の車両がぶっ飛ばされましてね、

このシーンもちょっと悲しかったです。

 

かつて防衛大臣だった方が

怪獣に発砲する自衛隊の、法的根拠がわからない

という発言はワタシの耳にずっと残っていまして、

この「シン・ゴジラ」では

そこらへんを重視していまして面白かったです。

 

 

この映画でゴジラは「駆除」されました。

 

自分の不満を発散するのに

子ども園を襲う輩にさえ人権があるというのに

ゴジラには何の権利もありませんでした。

 

あまねくイキモノの命は常に

人間に優先されていることを

あらためて知る映画でした。

 

ネズミとゴキで人類が滅びちゃう映画があっていいのに。

自分で作った兵器で人類が自滅しちゃう映画もいいわね。

 

さらに望むらくは、

ゴジラと共生する映画をだれか作ってくれないかしら。

 

 

 

隣県では、ニホンジカの狩猟頭数制限を解除して

殲滅を目指すそうですよ。

 

シカにもシカ権などはございません。

 

 

 

 

 

豚を運ぶトラックの後ろで、

あの子たちにもトン権はないんだよねぇ、と思いつつ

今日の夕食はトンカツにしようと考えた鬼畜は

ワタシです。

 

 

海中から何故ゴジラは陸に上がったのか、

陸に上がって何をしたかったのか

生物学的なプロットが知りたい。

 

 

 

←ゴジ、哀れ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

寒いですよ

日常 comments(2) - くら乃屋女将

今日から四月ということが

まるでエイプリルフールのようです。

 

 

 

今朝、目覚めてカーテンを開けると、ザ・雪。

午後には溶けてしまうなごり雪。

 

なごり雪は別れ雪、

出会った数だけ別れがあって、

別れたら必ず出会いがあるとも限らなくて

人は別れが切なくつらい。。。

 

 

それでも笑顔で発つ船出もあり、

ただ希望に満ちた胸中の方も多からんと願います。

 

 

 

寒さの戻るこんな日には

ストーブ前で餅が溶ける。。。

 

新年度を迎える方もおられましょうね。

新入社員は、がむばってくだされ。

 

 

善きことの多い一年でありますように。

 

 

 

←四月馬鹿は封印!

 

 

 

 

 

 

  • 0
    • Check
    無料ブログ作成サービス JUGEM