テテ永眠

生き物たち comments(6) - くら乃屋女将

覚悟する時間をたっぷりとくれて

最後には全身がむくんで水風船のようでしたが

割と穏やかな死に際でした。

 

毎朝息をしているかどうかを見に行って

弱弱しく息をするのを確かめて

また一日がんばった姿に感動してました。

 

そうやって一日一日、

テテが長らえようとすると

まるで

まだここにいたい

まだ一緒にいたい

と言ってくれているような気がして

飼い主はどれほど救われたか分かりません。


4か月にわたった闘病生活が

長いんだか短いんだかわからないけれど

 

もう

 

苦しくないね。

 

もう

 

気持ち悪くないね。

 

 

 

くら乃屋にお越しくださって

テテを愛してくださったみなさま、

本当にありがとうございました。

 

本日午後
テテは静かに息を引き取りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

ありがとう、テテ。

 

 

また会おうね。

 

 

 

 

すみません、ブログ、ちょっとだけお休みします。

 

 

 

聞いてないよ

お宿 comments(2) - くら乃屋女将

2月と言えば静かな館内に

顔を青ざめさせながら

ゆったりと確定申告をチンタラと進める。。。

 

はずがっ!

 

何がどう間違ったのか

満室!?

は?2月に?

 

 

まんしつ???

 

 

嬉しい悲鳴、きゃーーーっ!

 

うそーっ!

 

定期試験の問題も作ってないし

かくてー申告なんていつ取り掛かればいいの!

 

連泊のお客様が次々と…?

 

なにかの予兆ですか?

 

こんな時期に不定期更新は

本意ではありませんが

 

すみません!

 

ちょっとの間、ヨレヨレします。

 

 

 

人の顔を見りゃあぴーぴー鳴くお前の手は

 

いらん。

 

 

←痩せたらどーしよー

 

 

 

 

 

爆音でいこう

生き物たち comments(0) - くら乃屋女将

嬉しいお便りをいただきました。

 

そして過分な戴きものまで。

 

 

 

こちらの音楽は相当に元気が出る系です。

 

 

天国の婆ちゃんに届けとばかりに

爆音鳴らしてやった

とはご本人様の弁でしたが、

これを大音量で鑑賞するには

周囲に家のない環境が必要と思われます。

 

それにしても嬉しいお手紙。

 

優しくお労りくださる文面に

色々心理的に張っているところですゆえ

つい涙腺がだらしなくなります。

 

 

ついにむくみが始まりまして

もうなす術を失いました。

 

 

ですので皆さま、特にこの数日間

優しくしないでくださいまし。

 

しっかりとしていたいので。

 

 

 

 

←爆音を聞こう!

 

 

 

 

 

恵方巻き

日常 comments(0) - くら乃屋女将

節分を過ぎると一気に

雛祭り仕様へと変貌したスーパーの売り場。

 

季節感というよりは

お商売熱心であるなぁと感心します。

 

一色に塗られる売り場は

かつてはクリスマスくらいだったように思いますが

やがてバレンタインだとか

雛祭りだとか

時節の行事を商機に変える戦法に

やや食傷気味であります。

 

昨日は総菜売り場が

恵方巻きだらけになっているのを見て

ここは東北なんだがなぁと

巻物を何本もカゴに入れる家族連れを

横目で見ておりました。

 

色々な地方やお国の行事などを

どんどん家庭に取り入れて

皆さんが幸せになるならそれもヨシ。

 

行事を取り入れることが目的化して

追われるようなことになりませぬよう

お気をつけくださいませ。

 

 

 

ショットバーでバーボンをたしなむ

というよりは

 

 

 

 

駅で蕎麦をかっ込むオッサンである。

 

 

「食べる」以外の風物詩に

どんどん疎くなってゆく。。。

 

 

←雪かきは永遠に不滅

 

 

 

その後のテテ

生き物たち comments(4) - くら乃屋女将

どっこいビームを照射するしょう吉のお膝元、

テテはもんのすごく生き延びています。

 

2週間ほど前に

週1回程度にしていた輸液から帰ると

ケースから飛び出した途端

口を開けて苦しそうに呼吸し始めて

へなへなとその場で倒れ込んだときには

いよいよかと覚悟を決めたのですけれど

 

ところがどっこい

テテは2日ほど絶食した後

 

水を舐め

 

 

牛乳を舐め

 

さらに2日後

 

ちゅ〜るを舐めました。

 

すごい。

 

やるなぁ、テテ。

 

足取りは危なっかしくても

自分でトイレに行き

自分で水を飲むほどになりました。

 

それ以外の時間は

寝たきりですけれど

調子が良ければ香箱も組みます。

 

 

 

なんてすごい生きようとする力。

 

口呼吸はそのままですが

それが普通の状態であるかのように

「これがなにかイケないとでも?」という眼をします。

 

 

番頭の介護も功を奏したか

日に2,3本のちゅ〜るを

食べるようになりました。

 

えらいでしょー。

 

すごいでしょー。

 

毛並みは20年くらい着続けた

フリースみたいですけどね、

彼の

今を受け入れて生き続ける強さに

毎日感動しています。

 

 

←花見、できるかもよ

 

 

 

そんな時期

日常 comments(0) - くら乃屋女将

窓いっぱいの雪景色には

もれなく確定申告の思い出が付いてきます。

 

今年も窓いっぱいの雪景色になりましたから

そろそろ手をつけなくちゃ。。。

やらなくちゃ。。。

 

領収書の束と、売上表と、

 

減価償却は、と

 

……、

 

……、

 

そうだ、

 

 

湯に行こう。

 

 

やらなきゃいけないことがあるんだから

 

まずは、

湯に行こう。

 

 

 

入り口でお迎えしてくれる

翁と媼。

 

 

ちわー。

湯をいただきに来ましたー。

 

 

 

ほんの1時間で入れる名湯があるんだから

まずは湯でしょ。

 

 

 

憩いのひと時はすぐに過ぎて

気が付けば1月も終わり。

 

正月って何してたっけ?

 

おかしいなぁ。

 

こんなに簡単に2月になるなんて。

 

摩訶不思議なこの世の儚さを嘆いて

 

ビールでも飲むか。

 

 

←ぷはーっ♪

 

 

 

 

  • 0
    • Check
    無料ブログ作成サービス JUGEM