緊急事態宣言

お宿 comments(2) - くら乃屋女将

昨日

厨房のIHクッキングヒーターが

突如

みまかりました。

 

奇妙な音が出ていたし

もう10年使っているので

いつ不具合が起きても

不思議ではなかったんですが

 

朝一番に

電源スイッチを押したら

ブレーカーが落ちまして

 

なんどやっても

落ちまして

 

よりによって

お客様がいるときに限って

何でこんな

緊急事態になるんだよお

 

と嘆いていても

何も変わらないので

 

卓上コンロを持ち出して

 

エンヤコラで

朝食の準備をして

 

やっとのことで

お食事提供したら

 

燃え尽き感が半端なく

 

昨日は

新しいIHクッキングヒーターを

ポチったら

日が暮れてました。

 

給付金はこうして

グズグズと崩れ落ちる

砂山のように

 

原形を失ってゆくのでした。

 

気温は8℃…。

 

 

寒い。

 

 

寒いよ。

 

 

 

皆んな「の」の字で猫団子。

 

 

寒いけどさ

 

いつか夏ってやつが来るのを

ワタシは知ってる。

 

 

もう一つの寒さは

 

嗚呼

 

いつ終ってくれるんだろうか。

 

 

←夏の次は冬だっけ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ものを申したい

我思う comments(0) - くら乃屋女将

このコロナ禍で

痛手を負っている事業は多く

 

なかでも

人の移動が途絶えて

瀕死になっている事業は

深刻な状況です。

 

観光業はもちろんですが

 

旅客業の先行きは

まじヤバい

としか言いようがありません。

 

 

鉄路も

空路も

 

バスもタクシーも

 

新規事業として

参入しようものなら

初期投資が

半端ない事業ですから

 

おいそれと倒産させては

いかんのです。

 

初期投資が大変という意味では

旅館やホテルもそうです。

 

ですので

県内の各市町村で

国の施策とはまた別に

 

自治体独自で

給付金を設けて

事業者を支え

 

コロナ禍が収束したら

またしっかりと営業して

経済活動の一端を

担ってもらおうという

動きがあります。

 

宿泊業者の業績が

前年比九割減でも

廃業させないように

 

少しでも支援しようという

自治体の懸命の施策です。

 

また、自治体在住者が

当該自治体の宿泊施設を利用した場合

 

上限を5,000円として

宿泊費の半額を自治体が負担する

という施策を打ち出した

ところもあります。

 

ワタシはこの施策を

高く評価します。

 

せっかくの事業を

潰さねえぞという

本気度を感じます。

 

翻って当自治体。

 

旅館組合が市に対して

宿泊施設に

給付金を出して欲しいと

要望すると

 

特定の業種にだけ

給付金を出すわけにはいかない

 

という回答だったそうです。

 

 

 

煮えたぎるような落胆。

 

 

 

市内の特定の事業を

市が支援して

 

他の業種関係者から

不公平だという

意見が上がったとしても

 

笑止!

 

それを退けられないんですね。

 

 

NZの首長は

こういう提案をしていましたのに

🐑

 

いいえ、別に

怒っているわけでは。

 

 

胆をね

落っことしてるだけです。

 

 

それでもワタシは

 

上を向いて歩くんでぃっ!

 

 

 

 

←遠野、だいすき

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

右から左へ消えてゆく

コロナめ! comments(2) - くら乃屋女将

個人事業者向けの

持続化給付金を申請して

受け取りました。

 

早いでしょ。

 

そういうのは早いの。

 

だって5月は

支払いの月。

 

ナントカ税とか

カントカ税とか

 

組合費とか

会費とか

広告掲載料とか

 

もーいっろんな支払いが

集中してるんです。

 

だから

例年ですと

連休中に稼いだお金を

いい気になって使っちゃいけなくて

 

黄金連休の黄金は何色?みたいな

ぼろ雑巾の体そのまま

 

振込用紙を握りしめて

コンビニに行ったりするんです。

 

んが、

 

今年はお国から

給付金を恵んでいただいて

 

それで納税するのです。

 

国からもらって

国に支払う。。。

 

(。´・ω・)ん?

循環型社会?

 

 

お陰様で

もう6割ほどが消えまして

 

この後に来る

損害保険料やら

あれこれの機器の

定期メンテナンス契約料やら

 

固定費に消えてゆく予定です。

 

ちっ、

パンツひとつも

買えやしねえ。。。

 

 

 

出来心で

衝動買いした切手。

 

今のワタシにできる事と言ったら

こんなもんですわ。

 

 

 

でもね、いじけてないの。

 

だってね。

 

 

 

わーらーびぃーっ!!

 

 

いただきましたっ!

 

またしてもご近所様から!

 

しかもあく抜き済み。

 

すーてーきー♪

 

ステキすぎます、ご近所様♪

 

半分は塩漬けにしよっと。

 

恵みの季節が

やってきたんだもの。

 

上を向いて

歩いてやるぜい。

 

 

←足元注意

 

 

体力勝負

我思う comments(2) - くら乃屋女将

仕事はないけど

 

やたら忙しい。

 

離乳食の始まったゼロ歳児と

やたら元気な三歳児の

 

ハイハイによる徘徊(ゼロ歳児)やら

永遠に続くかと思われる

お遊戯歌斉唱(三歳児)やら

 

老体に容赦ない攻撃歓待を

受けているのです。

 

ああ、

一日のなんと早いことか。

 

 

お陰様で

DズニーPリンセスの

全ての名前を覚えたし

 

パプ*カは

歌詞カード無しでフルコーラス

振り付きで歌えるし

 

 

グーチョキパーで

なに作ろう

全部振り付きで

歌えるようになりました。

 

右手がパーで

左手もパーで

ちょうちょだわよ。

 

 

 

彼らに加えて

五歳児のお世話も

一手に引き受ける姪の

 

なんと頼もしいことよ。

 

 

ゼロ歳児をおんぶしながら

 

抱っこをせがむ三歳児の

要求を満たす母たる姪よ

 

すげえ体力だなぁ。

 

ワタシ、ゼロ歳児を

おんぶしながらなんて

犬の散歩すら

ようできましぇん。

 

 

 

松ぼっくりを並べるだけで

楽しいお年頃。

 

ついこの間まで

二歳児だったとは思えぬ

マシンガントークは

 

ワタシの英語より達者である。

 

 

 

当初、虫を見ただけで

泣き狂った彼女も

 

小さな虫なら

指で払うほどに成長しました。

 

 

 

外のアレが

うちの子になるより

 

三歳児が

遠野の子になる可能性が

 

高いと思う人

 

手をあげて〜。

 

 

←(・∀・)/ ハーイ

 

 

 

 

 

 

最高の喜び

遠野のおいしい comments(2) - くら乃屋女将

 

田んぼに水が入って

 

 

 

林檎の花が咲くころ

 

ワタシの心を

ざわつかせるアレが

 

ご近所様のご厚意で

 

届きました!

 

その名は……

 

 

 

 

 

このブログを

長く読まれている方は

もうお分かりですね。

 

はい、

 

では、

 

ご唱和ください。

 

 

その名は……

 

 

 

 

 

でございますよ!

 

ああこの一年の

なんと長かったことか。

 

再び会えて

どれほど嬉しいことか。

 

ご近所様!

 

いつもありがとうございます!

 

遠慮無くいただきました!

 

 

この香り

 

この風味

 

 

他に替えることの

決してできない

 

しどけさま!

 

ソッコーで完食。

 

だって山菜は

新鮮なうちでなくちゃ。

 

ご馳走様でした

m(__)m

 

 

 

←しどけ愛MAX

甘味で元気

コロナめ! comments(2) - くら乃屋女将

緊急事態宣言の後

ギュギュっと厳しめに

行動を制約して

 

宣言終了までは

ゆる〜やかに

制約を解除するほうが

理に適ってる気がします。

 

宣言終了だ

ひゃっほーい!

 

などと

クラブに押しかけたり

居酒屋でどんちゃんやったら

元の木阿弥だろうことは

 

誰でもわかるんじゃなかろうか

 

と思ったらそうでもないみたい。

 

だから

今こそ

 

保護犬を引き取ったり

 

迷子の子猫を保護したり

 

目先を変える

緊急事態を

自ら引き受けちゃえば

 

世の中の

あーだこーだの大抵は

気にならなくなります。

 

コレ、ホント。

 

 

 

先日は

「岩手、すごいわね!」

 

のお電話をいただいた後に

頂き物をしました。

 

 

 

イケメン俳優さんと

同じ名前ですよ♪

 

大阪のお菓子屋さんだそうで

 

むっっっちゃ

んまかったっす。

 

 

甘味で元気を!

のメッセージが嬉しく

 

こうしたお心遣いを

手前どもにもしてくださる

気安さが尊い。

 

 

お心にかけてくださる皆様に

深謝

 

m(__)m

 

さあ、皆様も

甘味をどうぞ!

 

 

←ありがたや

 

 

 

 

 

 

  • 0
    • Check
    無料ブログ作成サービス JUGEM